アンジェリカ農園・成長日記

全ては『子どもたちの食育の為に』 子どもたちと同様に農園も一緒に成長中です★

Category [農園の紹介記事です ] 記事一覧

秋収獲の新じゃがです!

話はちょっと前に戻りますが、以前お伝えした夏植え、秋収獲のじゃがいもを掘りました。猛烈な暑さの中での種植えに始まり、10月には多雨があったり、秋を飛び越し冬が来たり等随分気候に左右されましたが、結構大玉な物が採れました。   元々二度イモ・三度イモの呼称が残っているので、年に何度も収獲していたはずですが、廃れてしまったのでしょう。でも、秋冬に新じゃがを食べれるなんて、雪国出身の私にはとても新鮮です...

★日高市と協定を結びました★

12月22日付けで、埼玉県日高市と埼玉県農業公社とアンジェリカの3者による、土地の貸借に関わる協定を締結しました。これにより、アンジェリカが正式に農業参入した事が認められました。併せて、日高市とアンジェリカとの食育に関する相互協力も含まれています。いよいよ本格的に動き始めました。何も作付のない遊休農地を耕し、種をまく所から始めたアンジェリカ農園でしたが、ブログサブタイトルのまま、全ては『子どもたち...

ブルーベリーの定植も終わりました

とはいっても、一人前に収穫できるまでは、あと2年はかかる見込みですが、100本ほどを植えました。こちらも結構する事が多く、一筋縄ではいかなく、体力勝負! で挑みました。苗は農園開始と同時に購入、育苗を続けていました。植え付け場所は、元々が荒地でしたので、刈り払い→耕運→除草→耕運→除草→耕運・・・・・・と何回か繰り返し、現状になりました。植え付け前に、酸度の補正の為に、幅50cm×深さ30cmの穴を掘り...

玉ねぎの準備が本格化しています

以前玉ねぎについてお伝えしましたが、あちらはテストのテストでした。ここからが本番です。玉ねぎは苗を育てる所から始めます。苗代で55日ほど育ててから定植をします。まずは種をまく所に角材をあてて播き溝を作ります。8cm間隔で約70m分です・・・。あえて数えると仕事が進まないのでスルーしましょう。次に種をまきます。種の形状はネギと一緒です。見た目でわかるとおり細かいです。これを溝に播いていきます。親指と人...

農園長の紹介

『農園長の紹介』名前:宮田農園長 ・この度、このアンジェリカ農園の開園に向けて山形からお招きしたプロの農家の方です★ ・山形では地元の小学生に食育の授業として指導をしていたとのことで栄養士と連携して子どもたちの食育にも是非協力をしていただける心強い存在です! ・何もない土地で、畑の耕しやビニールハウスの組立や必要な機材の手配年間の収穫計画なども保育園側の意向をくみながら全て担当してもらいます。 ・...
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。