アンジェリカ農園・成長日記

全ては『子どもたちの食育の為に』 子どもたちと同様に農園も一緒に成長中です★

Entries

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • [No Tag]

イチゴはどうなっているでしょうか?

よく晴れた暖かい日は、


雲雀のさえずる声が聞こえる季節になり、


畑に生える春草のひとつにも紫の花が咲き始めました。


h2303101.jpg


今季の収穫を目指して準備してきたイチゴですが、


新しい葉がどんどん伸びてきたので収穫に向けた準備に入ります。


h2303102.jpg


イチゴの本来の旬は5~6月の初夏です。今回農園ではイチゴの生態に合わせた収穫期を考えました。


イチゴは果皮が軟らかく傷みやすいし、、加熱しないで食べる事が多いので、擦れ傷や泥はねによる傷みを少なくするために


ポリマルチで苗床を被覆します。


h2303103.jpg


まずは苗の上かにそのままかぶせて留めていきます。


春は風が強いのでしっかり固定しないと全部飛んでしまうので慎重にします。


その後、マルチの上から触りながら確認してプチッと破り葉っぱを引き上げます。


h2303104.jpg


しかし一々触りながらも大変なので、


実は苗を植える時にピッタリ30cm間隔で植えていたのでまるっきり手探りというわけでもありません。


h2303105.jpg h2303106.jpg
h2303107.jpg h2303108.jpg
h2303109.jpg






そんな感じで作業終了です。


これから花が咲き、実がつくはずですのでまた変化がありましたらお伝えします。
  • [No Tag]
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。